スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島第1原発はどうなっているのか

 2011-03-17
非常に分かりやすいので転載しますー。


『王様の耳そうじ』より転載
http://earclean.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/1-d4d3.html


----------------------------------
福島第1原発はどうなっているのか
福島第1原発が予断を許さない状況にある。テレビはそれぞれの局で専門家による解説がなされているが、当初の楽観ムードは影をひそめ、リスクをみとめたうえでの客観的な報道が増えてきた。


とはいえ、現実になにが起こっているのか、現場でも細かいとこまでわかっているわけではないようだ。原発本体には近づけないうえ、説明を聞いていると、モニタなどの計器類が果たして正常に作動しているのかもどうもあいまいである。


もし、地震直後の解説にあったように、すべてが想定内だというのなら、いまこういう事態にはなっていないはずだ。おおまかなところはわかるが、それでも、この先どういうふうになるのかは、現場でも専門家でもわからないというのが本当のところなのではないか。


数日前まで、ちょっとリスキーなことをいうと「不安をあおるのはよくない」とか「知りもしないで勝手なことをいうな」とか「そんなこと知って何になる」とか「現場はいま必死なんだ」とか「そんなことより、これからどうしたらいいんだ」などといわれた。それもすべて一理あるとは思う。でも、自分としては、どのようなリスクがあるのか、そして、だれも実際に起きていることを完全にモニタリングできない状態で、どのようなことが起きていると予想されるのか、それを知りたいと思う。それも一理くらいないだろうか。


なので、前にツイッターで少し書いたが、問題の福島原発の原子炉圧力容器の元設計者であるM・Tさん(本人の希望。でも、まるわかりじゃん)にまたちょっと話を聞いた。「これから停電なんです」というので、あまり時間はなかったけれど、本人の許可も得たので、ここに彼が話したことを、なるべく聞いたままに書いてみる。あらかじめ断っておくが、M・Tさんは具体的なデータを持っているわけではないので、ここには多くの予測も入っている。けれども、それは現場の専門家や技術者にとっても同じだと思う。細かい解説も図もないので、予備知識はどこかで仕入れてきてください。文章も整理していません。





●2号機になにがおきているのか?

2号機の格納容器が損傷したというニュースをNHKでやっていたのですが、いま問題になっているのは第1原発なのに、解説に使っている図が第2原発の格納容器の図でした。第1原発は1970年代前半につくられている古い構造です。民放はNHKよりましな図を使っていましたね。

 
問題になっているのは圧力抑制室(サプレッションチェンバー)という部分で、これはドーナツ型をしている。といっても民放の図にあるような丸いドーナツ状ではありません。本当は正八角形。円筒を短く八本に切って角度をつけて溶接していくんです。断面は円形ですがドーナツ型ではない。その正八角形の辺にフラスコ型をした格納容器の下からタコ足のように出てきた8本の配管がつながっています。

 

もうちょっと構造のことをいうと、この間の1号機や3号機の爆発は天井部分でした。でも、原発の本体はじつはほとんど地下に埋まっている。爆発で吹っ飛んだのはオペレーションフロアといって最上階にあたります。その真下にフラスコの飲み口のような形をした格納容器のてっぺんの部分がある。その飲み口の部分の内側に薬のカプセルのような形をした原子炉圧力容器というのがある。その下にフラスコが広がって、タコ足があって、それが圧力抑制室につながっている。圧力抑制室はトーラスと呼ばれています。目的の名が圧力抑制室です。


圧力抑制室があるのは、だいたい地下20-30メートルくらいのところです。そして圧力容器のてっぺんが地面とすれすれくらいのところにあります。いま起きているのは、その圧力容器の炉心部の水が空になって、そこから水素が出ていて、水蒸気も少し出ている。容器の中は高温高圧になっています。割れることはなくても弱くはなっているはずです。


このままではまずいので、圧力容器の健全性を確保するために逃し安全弁が開いて水蒸気を出します。すると、圧力容器の圧力が下がり、その安全弁から出た水蒸気をパイピングシステムを使って下の水の溜まっているトーラス(圧力抑制室)までもっていく。つまり、長いストローで空気を送り込んでいるようなものです。そこで水蒸気が水に変わって体積が減って圧力が下がるというわけです。


このとき水蒸気といっしょに水素も運ばれてきているわけです。これは水の中に入ると、ぶくぶくといって外に出る。東電の説明ではトーラスの半分くらいしか水が入っていないらしい。つまり上半分が気体。そこに水素がぼこぼこと浮かんでくる。それをつづけているうちに、上半分が水素で充満して、それが爆発につながったのだと思います。東電はそういわないですけど。


いわない理由は、それを目撃していないからです。本体のフラスコ状のところはほぼ大気圧ですが、トーラスのところは3気圧くらいになっています。なぜトーラスの圧力を上げるかというと、沸騰温度を上げておかなくてはならない。1気圧にしておいたら、100度で沸騰してどんどん蒸気になってしまう。圧力容器から来る水を沸騰させたくないから、トーラスの中は3気圧くらいになっている

 
トーラスは上から見ると正八角形で、それぞれの辺が溶接してあります。タコ足も生えているし、衝撃に強い構造ではない。爆発が起きたら、その継ぎ目の溶接が外れる可能性はあります。そうすると中に入っていた放射性物質を含んだ水がばらまかれる。そういうことが、あの2号機の地下部分で起きた可能性が高い。コンクリートの箱の中の地下深いところで起きたことなので、それがすぐに大気を汚染することはありませんが、煙突へぬけていくラインがオープンになっている。わざわざそうしてしまったので、そっちをまわっていった可能性はある。


人間が直接格納容器やトーラスに近づくことはないので、放射性物質が床にばらまかれたとわかったら、室内環境が悪くなるから、作業者は水を供給する人以外は撤退するようにといわれていたのではないかと思います。テレビで、原子力安全保安員の説明を聞いていたら、だれかが「放射性物質はどうなったんですか」と質問した。すると、保安員が「穴から出たのが水か気体かによってちがいます」と答えていた。


保安員は、トーラスに損傷が起きたのは認めている。それはボカンといったあと3気圧のはずのトーラス内が1気圧になっていたことがモニターでわかったからでしょう。でも、保安員はその破損を小さな穴だとイメージした。トーラスの断面の下半分が水で、半分が気体であれば、小さい穴なら、たしかに「穴から出たのが水か気体かによってちがいます」ということになる。でも、実際はそういうレベルの破損ではなくておそらく溶接部ががくんと外れている可能性がある。


●4号機の火災

今日4号機が火災を起こしました。それはちょっと予想していたことです。どうして、あの火災が起きたのか。その前に、1号機と3号機は屋根が吹っ飛んでしまいましたね。あの屋根には何があるのか。あそこはさっきもいったように、オペレーションフロアと呼ばれています。たとえばデパートでいうとペット売り場みたいなところにあたり、その上はもう階がなく屋上しかない。屋上は開閉式で機器や燃料を搬入するようになっています。


オペレーションフロアには大きなクレーンや燃料交換のためのマニュピュレーターや燃料プールがあります。これは新しい燃料と古い燃料を交換するための5メートル×5メートル×深さ4メートル位のプールです。あの屋根は定期検査の時には開いていて、上から見ると本当のプールのように見えて、そこに燃料が見えています。運転中は上に蓋をしてある。1号機と3号機ではその状態で吹っ飛んだんだけど、あの衝撃でどうなったかが興味深い。


それより、ぼくが気になったのは4号機から6号機のほうです。こちらは、運転していなかったので蓋を開けっ放しにして作業していたはず。そこに地震が来ると、風呂桶の水が揺れるように、水が大きく波立って跳ね飛ばされる。それをスロッシング現象といいます。4号機ではそれが起きたのではないかと。スロッシングが起きるとプールの水の大半が外に出てしまうので、中の燃料棒がむき出しになる。すると崩壊熱が上がって、水素が発生する、そういうことが起きるんじゃないかと思っていた。たしか東電は水素爆発といっていましたが、それは燃料棒のプールのところで、水素爆発が起きて燃えだしたのではないか。蓋を取って定期検査をしていたときに、それが起きたんじゃないか。ぼくの推測ですけど。


運転していなくても、たとえば配管が破断して冷却剤が喪失していると、そういうことが起きます。ただ、東電のほうでは運転していなかったという安心感があったかもしれません。1号機、2号機、3号機がだめだし、第2原発もダメなので、運転していない方のスタッフがかり出されていたかもしれません。でも、原発は運転していないからオーケーというものではない。1号機から6号機まで、すべてにおいてリスクはあります。


●2号機は下(圧力抑制室)がダメージを受けたのに、なぜ1号機と3号機は上部が吹っ飛んだのか?


これは興味深いところです。おそらく1号機と3号機は冷却剤喪失事故です。配管が破断して、そこから液体が噴出してそれで蒸気になって、格納容器の中に充満した。そのときにつれてきた水素が軽いから一番上に上がる。どこに上がるかというと格納容器のフラスコ状の入り口に上がる。そこはフランジといって、ボルトで締めてあるおわんみたいな蓋がある。その直径は5-6mくらいあって、その大きなフランジで蓋をしてある。ところが、気圧が8気圧にもなると、そこに内側から大きな圧力がかかって口が開く。そこからオペレーションフロアへと水素が漏出していった。それが爆発につながったのではないか。


逃し安全弁系がうまく働いていると、本来はトーラスのほうに入る。ところが、地震でどこかの配管がやられたとすると、そこから漏出がはじまる。時間がたつにつれて漏出のために液面が下がって、燃料が外に出てきて被覆管のジルコニウムが酸化して水素が発生して、漏出箇所から水素が出て行ってもそれが上に上がってフランジから外に出て行ったのではないか、全然データがないのでわからないが、そういう可能性はある。3号機と2号機の破壊が極端にちがうのは地震の影響がちがっていたのではないでしょうか。3号機は配管の破損で蒸気系か給水系の破断がおきたような気がします。


●2号機はどうなるのか?


2号機は相当に深刻です。もし完全にメルトダウンして、燃料が溶けてしまうとだいたい2500度くらいになります。そうなると燃料管が溶けて、さらに高温になるとペレットも溶けてしまう。すると、下に落ちていって、燃料を支えている鉄とか、制御棒などもいっぱいあるのもみな巻き込んで溶けて、それがかたまりになって下に溜まります。多少水が残っていたとしてもすぐに蒸発してしまうし、水蒸気爆発を起こすかもしれない。水がなければ圧力容器の底を溶かしてしまいます。圧力容器は鉄製で融点が1500度くらいなので、底が抜けてしまう。


そこまでいきそうになったのがスリーマイルです。3分の1くらいまではメルトダウンして、ぐちゃぐちゃになって、燃料を支えている鉄などいろんなものも溶かして下に落ちていくんです。スリーマイルの場合はそれが20トンくらい。スリーマイルでは、原子炉の燃料関係の構造部を全部合わせるとで60トンくらいです。福島原発はわからないが、そんなに変わらないはずです。その大半が熔けて、圧力容器の底が抜けて、格納容器の底も溶かして、後は一直線で床が抜けて、その下のコンクリートに穴を空けて、さらにその下の地面が溶けて、地下の水脈にぶつかって爆発を起こす。


映画の「チャイナシンドローム」は、そうやってメルトダウンしたものが原発の底を溶かして、地下水脈を考えないで、そのまま何十トンという火の玉になって地球を通り抜けて、反対側の中国に顔を出すという話です。それは実際には地下水脈もあるので、そういうのは起きるかどうかはなんともいえないけれど、2号機がそういう道を走り出している、ベクトルがそっちへ向いているということはいえると思います。

 
きのうNHKを見ていたら、解説をしていた関村氏がそうやってメルトダウンして床に落ちるということを説明していました。でも、床が溶けるとはいわなかった。そこでアナウンサーが、「床に落ちるとどうどうなるのですか」と質問していました。すると、関村氏は「床が損傷します」と答えていた。損傷ということは溶けることです。

 
それでもチェルノブイリとはちがいます。チェルノブイリとは原子炉の構造がちがう。チェルノブイリは一本一本が細い管で、そのそれぞれが日本の原子炉のミニ模型のようなものです。1本1本取り替えることもできるし、1本ずつ燃料交換もできるようになっている。構造としては面白いのですが日本のとはぜんぜんちがいます。スリーマイルのほうが日本のタイプに近い。

 
スリーマイルでは10年後に調査したらメルトダウンで容器の底が抜ける直前だったことがわかって、あとでみんなぞっとました。でも、スリーマイルでは冷却水が動いていたからまだいいんです。今回はそれが動いていない。だから深刻なんです。では、どうしたらいいのか。対処法としては海水をぶち込むしかない。でも、それがなぜかうまくいっていない。


たぶんまともなポンプを使っていないからでしょう。うわさでは消防用のポンプを使っているといいます。地震で電気がない。それと津波で施設がたぶんダメージをくらっています。この数日でポンプを取り替えることもできません。よくはわかりませんが、消防用のポンプではせいぜい10気圧くらいでしょう。でも、それでは圧力容器の圧力が10気圧以上あったら水が入りません。これは深刻です。ある程度冷えれば圧力も減るので水を入れられます。でも皮肉なことに水を入れると水素や水蒸気が発生してしまう。そういうイタチごっこがおきている可能性もあります、わかりませんが。


底が抜けてしまうと放射性物質の飛散量は論外に大きくなります。その影響は相当に深刻です。地下水を汚染するし、日本の場合、福島もそうですが海辺に原発を作っているので、海に流れ込んで海流にのれば魚もやられる。当然大気も汚染する。大気と海の両方からの世界汚染に入るので、そうなれば国際問題になります。それがどういうふうになるかは京大の小出裕章先生が、いろいろシミュレーションしています。


ただ、本当にわからない。いまはだれも近づけないから、本当のところ何が起きているのかわからない。状況はモニターで把握しているけれど、そのモニタがまともに動いていないので推計がまちがっているかもしれない。本当は水浸しになっていて、それで水がそれ以上入らないのかもしれない。データには出ていないけど、意外と冷えているかもしれない。中で何がおきているかわからない。


けれども、もし2号機で燃料がすべてがむきだしで露出しているとしたら、このまま何の手も施せないとしたらシリアスです。メルトダウンするとしたら、そんなに時間はかかりません。スリーマイルでも、水が涸れているというのがわかって、あわててポンプを起動して水びたしにした。それでも3分の1くらいまではメルトダウンしていましたからね。(談)
スポンサーサイト
カテゴリ :日本 トラックバック(-) コメント(0)

「TPPはアメリカの強奪帝国主義そのもの」 

 2011-02-20
日本の独立を目指しての大愚せんせより。

----------------------------------
「TPPはアメリカの強奪帝国主義そのもの」
http://blog.ap.teacup.com/jiritu/456.html


コイズミ時代痴漢えん罪がなぜ官僚を対象に行われたかと言うと


官僚の中の民族派=独立派を排除するためである

今回の官僚批判には残った利権派を排除しようとしている

これはエジプトでムバラクを排除したのと同じ

民族に利権を渡さず直通してして米国に貢がせるためである

だからCIAが後ろにいる。そしてあわよくば殺し合いをさせる。

(この過程はベトコンと南ベトナムの関係に似ている。最終的に引き上げたがその間にベトナム全土の第2次世界大戦の数倍の爆弾がばらまかれた。大成功である。)

日本を育てて太らせた後、回収にかかっている

その仕上げとして出て来た物がTTPである。露骨で完全な不平等条約である。

これで法曹は米国人の支配する会社に属し、農地は米国人の支配する株式会社に移り

医療は米国の病院資本に体系化される。医療保険h亜縮小を強制され縮小された部分を米国資本が乗っ取る。

だから世界で最も安い医療をどんどん破壊して世界で最も高くつくアメリカ医療にしようとしている。

即ち日本のハワイ化である。ペリー一族が銃を突きつけ、ハワイ王国を乗っ取った米国はいまや土地の値段がつりあげられ、ハワイの原住民はロスの貧民窟絵流れている。そして乗っ取った米国人の糞やろうの子孫が「自然の回復」を堂々と主張している。

これを進めて来たのが病院の情報か、均一化、DPC化である。アメ公似もわかる制度にせよとの御指令だ

逆らえば検察が痴漢えん罪でぶち込むという脅しが小泉政権のもとでなされ、実際に小泉というやつに暗殺された人もいた

一貫して後ろにIBM,そしてそれらに動かされた医療情報部なる物がある。

医療の高効率化では情報化、IT化は進歩であるが、この進歩をどのように使うのか?

医学そのものに使うのか、医療を日本民族から奪うために使うのか。

米国のナイのいうソフトパワーとは、医学においては「技術進歩を口実に奪え」と言うテーゼである。

CNNが世界で民主主義を推進したのも同じである、例えば、コカコーラとは何か?をなめさせて、中に習慣性の薬物を微量入れ病気を作り医療の名のもとに奪う

マクドナルドなどのハンバーグも同じだろう。こういう、脂肪と砂糖とアミノ酸と微量に入っている薬物の習慣性で満腹感を破壊されてで育つとぶくぶくになり成人病の巣となり、医療と 薬業界はもうかる。資本は同じところから出ている。。NYの金融爺である。

米国は「ぶくぶく奴隷」だらけである。雇用も保障されず救済名目で、税金から購入された、これらのぶくぶく食料を食わされている。アフリカやアラブの貧民と違って米国の貧民はだから、ぶくぶくである

奴隷を太らせて病気にしたら、給料、食料、医療と3重にカネを奪えるからだ。これが米国の資本主義、ビフ爺=RFの作った「高度な技術社会」の真実だ

これで育つと味と言うものがわからなくなるようだ。

米国と英国、なべて白人の言うことすることはすべて、悪意から解釈すべきである。

善意の顔をして毒をしのばせる、それが偽ユダヤとその同類が先導して来た白人文明の本質である
カテゴリ :NWO トラックバック(-) コメント(0)

うんこTPP。うんこTPP。

 2011-02-12
ジャーナリスト岩上安身さんのTwitterをまとめたものですね。

まあ、平成のカイコクだか何だかワケ分からんアホなこと言ってないで、
『国民の生活が第一』で頑張ってくださいよ。

ってか、カン内閣(対米従属内閣)はアメ軍ともどもとっとと退場しやがれ。


TPPは米による合法的収奪システムかつ不平等条約であって、農業、金融、法務に及ぶ
杉山卓男さんが語る、布川事件は司法制度腐敗の象徴
~岩上安身つぶやき編集
http://honnosense.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/tpp-85ae.html


TPPを慎重に考える会、始まる。

会長の山田正彦前農林水産大臣の挨拶。

日本医師会が、すでに反対を表明し、
昨日は日弁連の宇都宮会長にも
会い、説明すると、驚いていた。

米国人弁護士は日本に参入してくるが、
その反対は認められないという、
平成の不平等条約 。

実態を日弁連の会長も知らなかった。


続き。

生活クラブ生協連合会、加藤好一会長。

次にパルシステム連合会の食料安全政策室の高橋宏通氏。

TPPは景気回復につながると
マスコミにより宣伝されているが、
デフレ促進的であり、
利益は国民に還元されず、
多国籍企業、リストラ企業に。

労働集約的な農業が衰退すれば
ますます働き口がなくなる。


続き。

TPPは例外なき自由化。

アメリカは日本のマーケットを
狙っている。

輸入自由化して、
日本の輸出産業側が勝つことは
ありえない。


日本の農業は、GDPの1・5%。

それを保護するために他の産業が
犠牲になっているというのも、
プロパガンダ。

日本の農産物の平均関税率は12%。充分低い。


続き。

日本の農業は保護されすぎているというのも、ウソ。

2月14日に、千葉に菅総理が千葉に視察に行ったとき、
農家の人間が、日本の農家は甘えている、などと言ったと
伝えられている。米は、1俵8000円前後でできると。
これはプロパガンダ。


続き。

実はアメリカの米は集約化され、
安いというが、それは間違い。
1俵1万4000円前後の生産コスト。

にもかかわらず、
日本には7000円前後で輸入。
農家に対して個別所得保証を
しているからだ。


続き。

大地を守る会の藤田和芳氏。

TPP参加すべしで全てのマスコミが足並みを揃える異常を指摘。

うんこTPP。うんこTPP。 の続きを読む

カテゴリ :日本 トラックバック(-) コメント(0)

相撲ネタとヤクネタの背後

 2011-02-12
ってか自明の理ですが。。。
もう飽きたよね。この情報操作。脳みそ足りないんですなあ。

「日本の独立を目指して」の大愚せんせより。

----------------------------------
「最近よくある法則」
http://blog.ap.teacup.com/jiritu/410.html


NHKが相撲ネタを大騒ぎするときは

小沢をおとしめ売国政権が転覆を準備するときである

管を棄てて、マエハラに変更画策、交渉中だからややこしいはなしはなしにして煙幕貼っとけ

と警察に言ってネタを出さすのであります。

元は米大使館から指令を受けている「高級クズ」の集団、電通の仕業でありんす

こういう構図はバレバレなんで

NHKさんいい加減にしなさい

いやバレたくてやっているのかもね。さいきん売国の方もあまりのくだらなさに

脱走兵が続出じゃないでしょうか????


奴隷商売もネタ切れです。。。

ところで新型インフルエンザの大騒ぎはどうしたの??

今のインフルエンザは90%新型ですぜ。。。アホかいな、 NHK...

結局ワクチンとタミフル売買促進かね? ラムズフェルドの仕業?

情けない連中だぜ。。。。

ショックも効かないよあんまりやりすぎて麻痺だぜ。。

エジプトもその類いだろうがバレバレ。。。

今までの圧倒的な力を誇っていた時代では市場を十分動かせたので収束へ向かわせたでしょうが

ところがショックドクトリン、思ったより拡大するかも。。。


もう世界情勢を操作する力は米国にはありません。。。
カテゴリ :なんかおかしい トラックバック(-) コメント(0)

CIAの手羽先・朝日新聞が空き缶内閣を熱烈支持

 2011-01-25
ネットゲリラさんとこより抜粋。
まあ、こういうことだよね。
ホントにナンデこんな酷いことできるんだろうか????


http://shadow-city.blogzine.jp/net/2011/01/cia_c8ac.html

501 :名無しさん@十一周年:2011/01/24(月) 17:47:34 ID:vp1D98j80

アメリカ様に郵貯のカネを献上するのに時間が掛かりそうなので、消費税増税分を当分の間、アメリカ様献上金に充てようと考えた財務官僚が得意の「日本財政破綻論」を持ち出してきて、その子供だまし論をまともに信じ、且つすばらしいアイデアと悟った空き缶は・・・

なぜなら、消費税増税はアメリカ様、官僚様、輸出大企業様、電通マスゴミNHK様がそれぞれ満足できる、合法的手段で庶民から富を強奪できる優れた税制。

アメリカ様は安定的に献上金を手に入れることができる。

官僚様は自分達の財布である特別会計の埋蔵金や裏金に手をつける必要がなくなる。

輸出大企業様は輸出戻し金というビッグボーナスを手に入れることができる。

電通マスゴミNHK様は官房機密費、外交機密費、広告、政府イベント、政府広報などという形で賄賂を合法的に受け取れる。

消費税増税マンセーーーーーーー!
カテゴリ :なんかおかしい トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。